高額医療費 申請

Sponsord Link


高額医療費の申請はどのように行えば良いのか

高額医療費制度の申請先は、社会健康保険(会社の保険)か国民健康保険かによって異なります。

 

社会健康保険の場合

会社の社会保険を管轄している社会保険事務所に申請します。
申請の際に必要なのは、以下の書類です。

 

保険証
預金通帳
印鑑
医療費の領収書

 

具体的な手続きは自分で行う場合と、会社が行って給料と合算して還付してくれる場合があります。
高額医療費制度の申請用紙は、会社がすでに用意している場合がほとんどですが、無ければ担当者経由で社会保険事務所から取り寄せてもらえます。
自分の会社ではどのような手続きを行っているのか、申請前に会社の担当部署に確認してから手続きを進めましょう。

 

国民健康保険の場合

国民健康保険被保険者の方は、まずはお住まいの自治体の国民健康保険の国民健康保険担当窓口に行きます。
70歳以上の方の場合は、老人保険担当窓口に申請します。

 

申請の際に必要なのは、以下の書類です。

 

保険証
預金通帳
印鑑
医療費の領収書
高齢受給者証(70歳以上の場合)
非課税証明書(低所得者の場合)

 

申請に必要な用紙は、国保の窓口でもらうことができます。

 

上記の必要書類の中で気をつけたいのは、高齢受給者証です。
医療機関で支払う際に高齢受給者証が無いと3割負担になってしまいます。
1割負担で本来済む人にとっては、これはかなり大きな差ですので、気をつけたいところです。
後で還付申請することは可能ですが、医療機関にかかるときも、高額医療費制度を申請するときも、両方高齢受給者証を持参すれば間違いありません。

 

社会健康保険・国民健康保険ともに、高額医療費制度の申請が認定されて指定口座にお金が振り込まれるまでには、3?4ヶ月の期間を要します。
スムーズな手続きを行うためにも、必要書類は早めに準備しておくことをおすすめします。

Sponsord Link