高額医療費 対象

Sponsord Link


高額医療費の対象となるのはどのようなものか

高額医療費制度は、医療費の自己負担分を超えて支払った金額が払い戻される制度です。
ここでいう自己負担分とは、国民健康保険または一般健保(会社や組合の保険)に加入している場合の自己負担分(3割負担)をさします。

 

すなわち、高額医療費制度の利用は、国民健康保険または一般健保の加入が前提となっています。
上記の保険の適用範囲内の医療行為が対象となりますので、医療費ならばなんでも高額医療費の払い戻し対象となるわけではありません。

 

高額医療費の対象となる医療行為や出費

保険の適用範囲内医療行為(入院・通院・検査など)
医師の処方箋のもとに処方された薬品

 

高額医療費の対象とならない医療行為や出費

保険の適用範囲外の医療行為(自由診療扱いの手術や検査など)
自然分娩(病気とはみなされない為)
病院に通院する為の交通費
市販薬
松葉杖の購入代金
成人用オムツの購入代金

 

以上をご覧になると、高額医療費の計算対象となるのは、意外と限られていることがわかります。

 

高額医療費制度を申請するには、対象となる医療費の領収書・レシートとともに保険証、印鑑、通帳を国保担当窓口(一般健保の人は社会保険事務所)に提出します。
計算は「診療科別」「病院別」「入院・通院別」に毎月行います。
月をまたいでの申請はできませんので、例えば1月であれば「1月1日から31日」の分が計算対象となります。

 

高額医療費の対象とならない医療行為は医療費控除を

高額医療費の対象とならない出費も、1年を通じるとなかなかのものになります。
1年間の医療費が世帯で合計して10万円以上となった場合は、確定申告時に医療費控除を行いましょう。
最大200万円を上限とし、税金に還付されます。

 

自由診療扱いの検査やレーシックなどの手術も対象になりますので、こういった検査・手術を受けた場合は、医療費控除でぜひ節税しましょう。

 

サラリーマンの人の場合は税金関係の手続きを会社がやってくれるので、医療費控除を面倒だと感じるかもしれません。
しかし税務署の人が丁寧に説明してくれますし、なによりも経済的な負担が軽減されますので、少額のレシートもコツコツとまとめ、手続きすることをおすすめします。

Sponsord Link