高額医療費 限度額

Sponsord Link


高額医療費の限度額と適用認定証

高額医療費の還付制度には、限度額があります。
所得(月収)によって上限となる限度額が違いますので、まずは社会保険事務所・国保担当窓口などに自分のケースについて質問しましょう。
申請先は、自分の保険の種類(会社や組合の保険なのか、国民健康保険なのか)によって異なります。

 

市民税免除の方の高額医療費限度額と申請方法

市民税免除の方の場合、高額医療費の自己負担分の上限は一律3万5400円です。
手続きの際は、下記の書類を窓口に持参し、用紙に記入します。

*保険証
*預金通帳
*印鑑
*医療費の領収書
*非課税証明書
*高齢受給者証(70歳以上の場合)

 

一般所得者の高額医療費限度額と申請方法

一般所得者の場合、高額医療費の上限は8万100円となっています。
ただし、医療費の総額が26万7000円以上の場合、「(医療費の総額ー26万7000円)×1%」で計算される金額も負担することになります。
手続きの際は、下記の書類を窓口に持参し、用紙に記入します。

*保険証
*預金通帳
*印鑑
*医療費の領収書
*高齢受給者証(70歳以上の場合)

 

上位所得者の高額医療費限度額と申請方法

月収56万円以上の上位所得者の場合は、高額医療費の上限は15万円となっています。
ただし、医療費の総額が50万円以上の場合、「(医療費の総額ー50万円)×1%」で計算される金額も負担することになります。
手続きの際は、下記の書類を窓口に持参し、用紙に記入します。

*保険証
*預金通帳
*印鑑
*医療費の領収書
*高齢受給者証(70歳以上の場合)

Sponsord Link