高額医療費 確定申告

Sponsord Link


高額医療費制度と確定申告

「高額医療費を自己負担したときは、年末に確定申告で医療費控除すればいいんだよね?」
そう思っている人は多いと思います。
しかしながら、高額医療費の還付制度と確定申告の医療費控除は、本質的に異なるものです。

 

このような諸制度の申請や税金の手続きは、日常生活ではなかなか意識することはありません。
いざ必要なときになって慌てないためにも、その違いや申請の方法、申請先について正しい知識を学びましょう。

 

確定申告とは?

そもそも確定申告とは、自営業者やサラリーマンで年末調整を受けなかった人、および年金生活をしている人などが自ら行う、所得税の申告手続きです。

 

その年の収入に応じて所得税の金額を計算し、税務署でもらえる所定の用紙に記入して提出します。
提出先は、自分の居住地域の税務署です。
サラリーマンは年末調整があるので確定申告に馴染みが無いかもしれませんが、医療費控除を受けるには、
確定申告をする必要があります。

 

医療費控除とは?

医療費控除とは、申告年度の1月?12月に世帯でかかった医療費の合計額が10万円以上ある場合に申告できる控除です。
1人分の医療費だけではなく、世帯分の医療費や薬代、病院の通院にかかった交通費なども計算に組み入れられますので、家族全員分を集めると、あっという間に10万円を超えてしまうかもしれません。

 

ちなみに、確定申告時の医療費控除には自由診療での出費も組み入れられます。
レーシックやインプラントの手術を受けた人は、医療費控除をすることをおすすめします。

 

高額医療費の還付制度とは?

高額医療費の還付制度は、健康保険(国民健康保険および一般健保)の適用内の医療行為に対して支払った出費のうち、自己負担額を超えた金額を還付してもらえるシステムです。

 

手続きは各自治体の国保担当窓口あるいは社会保険事務所で行います。
(手続き先は保険の加入先で異なります。)
医療費控除が1年間の合計であるのに対し、高額医療費の還付制度は1ヶ月あたり(同一の月内)で計算します。
また、「診療科別」「病院別」「入院・通院別」に計算する必要があるので、注意が必要です。

 

以上をまとめますと、
「確定申告時の医療費控除」=税務署での手続き(税金から還付される)
「高額医療費の還付制度」=国保担当窓口・社会保険事務所での手続き(保険から還付される)

 

ということが、お分かりいただけるのではないでしょうか。

Sponsord Link