高額医療費 制度

Sponsord Link


高額医療費制度とは何か

高額医療費制度とは、医療費の自己負担分が一定の限度額以上となった場合、超過分を還付してもらえるという制度です。
正式名症は「高額療養費制度」といい、医療費が過剰な負担とならないように用意された制度です。

 

高額医療費制度は大きな病気や怪我をした際、あるいは出産時に帝王切開(手術扱い)で出産した場合に適用されます。
病気や怪我をすると働けなくなり、ただでさえ経済的な負担が大きいので、ぜひこの制度は利用したいものです。

 

しかしながら、高額医療費制度は意外とその存在を知られていません。
なぜなら、手続きは各自治体の国民健康保険窓口や会社が加入している社会保険事務所で、自主的に行わなければならないからです。
必要書類なども取り揃える必要がありますので、手続きが面倒だからと最初から諦めてしまう人もいるようですが、高額医療費制度を利用するのは国民健康保険および社会保険に加入している人の当然の権利ですので、ぜひ申請することをおすすめします。

 

入院や手術は、予想以上の出費がかかります。
経済的な負担は、精神的なストレスにもなりますので、療養に専念するためにも、ぜひ高額医療費制度の知識を身につけ、本来であれば正当に払い戻される自己負担分を取り戻しましょう。

 

ちなみに、高額医療費の制度を利用する上で一点注意したいのは、出産時の出費です。
出産は普通分娩であっても30万円前後かかり、産前産後の定期健診を含めると、出費は総額40万円前後にも登るといわれています。
ところが国民健康保険の制度上の認識では、出産は病気にあたりませんので、この出費は自己負担となるのです。
その代わり、出産においては「出産育児一時金」という一律35万円の還付(1児あたり)が支給されますので、こちらを申請することになります。

 

ただし、同じ出産でも帝王切開は「手術扱い」ですので、高額医療費制度の対象となります。
不明な点は各自治体や病院に相談し、自分に該当する制度の申請を忘れずに行いましょう。

Sponsord Link