高額医療費 認定証

Sponsord Link


高額医療費制度の限度額適用認定証

高額医療費の還付制度は、大きな経済的負担となる医療費を軽減してくれる医療助成制度です。
しかしながら、申請してから口座に振り込まれるには、通常3?4ヶ月ほどかかります。

 

後からお金が帰ってくるとわかっていても、入院直後の身体的・経済的に最も大変なときに出費がかさむのは辛いものです。
この問題を解決するために用意されたのが、高額医療費の「限度額適用認定証」です。

 

限度額適用認定証とは何か

高額医療費の限度額適用認定証(以下、「認定証」)は、わかりやすく言えば「窓口での支払いを自動的に自己負担限度額までにしてくれるシステム」といえます。
認定証を提示さえすれば、限度額以上の出費はその場で支払いから控除してくれますので、経済的な負担はかなり軽くなると言えます。

 

認定証の申請方法

限度額認定証を申請するには、健康保険窓口に印鑑と保険証を持参します。
国民健康保険加入者の場合は、お住まいの市区町村の国民健康保険窓口、会社や組合の保険に加入している方は、社会保険事務所に行くことになります。

 

適用認定証を申請するための条件

限度額適用認定証を申請するための条件は、高額医療費制度と基本的に同じです。

 

国民健康保険あるいは社会保険に加入していること
該当する医療費が健康保険の適用範囲内の医療行為であること

 

以上の条件を満たせば、誰でも申請が可能です。

 

認定証の使用上の注意

限度額適用認定証の使用上の注意も、高額医療費制度の注意点と同様です。
保険の適用範囲内の医療行為にのみ適用できるので、保険適用外の検査や手術(通常分娩のお産、レーシック、インプラント)等には使えません。
また、食事代や差額ベッド代にも適用できません。

 

個々の医療費出費で不明な点がある場合は、健康保険窓口にその都度確認することをお勧めします

Sponsord Link