高額医療費 レーシック

Sponsord Link


高額医療費制度はレーシック手術でも使える?

劇的に視力が回復すると話題のレーシック。
興味がある人も多いと思いますが、レーシックは自由診療扱いなので、高額な医療費がかかります。

 

レーシックの相場は安くても15万円から20万円、高いところだと70万円前後かかる場合もあります。
ちなみにこれは手術のみの相場で、実際には検査料、診察料がかかりますので、さらに高額な医療費を覚悟しなくてはいけません。
「安かろう悪かろう」という言葉もありますし、大切な目の手術ですので、ある程度出費は覚悟しなければならないでしょう。

 

自由診療の場合、医療期間が自由に医療費を設定できるのでこのように金額のばらつきがあるのですが、手術を受ける側からすれば、少しでも医療費を抑えたいところです。

 

しかし、健康保険の自己負担分を超えた高額医療費が還付される「高額医療費制度」は、レーシックには適用されません。
高額医療費制度の大前提は「保険の適用範囲内の医療行為」ですので、自由診療のレーシックは適用されないのです。

 

レーシックにともなう経済的負担を軽くしたいときは、確定申告時に医療費控除を行うことをお勧めします。
医療費控除は1世帯で10万円以上の医療費が出費された場合、税金からその分が控除されるという制度です。
自由診療の医療費や病院への交通費、市販薬なども含めて申請できますので、レーシックで高額な医療費出費があったときは、、医療費控除を行いましょう。

 

サラリーマンの方の場合は確定申告に馴染みがないかもしれませんが、税務署に相談すると申告方法を丁寧に教えてくれますし、国税庁ホームページの「確定申告書作成コーナー」というページにも詳しく説明されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsord Link