高額医療費 帝王切開

Sponsord Link


高額医療費制度は帝王切開の際は利用可能です

高額な医療費がかかった場合に自己負担分以上の出費を還付してくれる、高額医療費制度。
出産は40万円?50万円前後の高額医療費出費が見込まれるのですが、高額医療費制度が利用できる場合とそうでない場合があるのをご存知でしょうか。

 

帝王切開は高額医療費制度が利用可能

帝王切開は公的医療保険の適用範囲の手術ですので、高額医療費制度が利用可能です。
出産後に「医療費の領収証」「健康保険証」「印鑑」「通帳」を国保担当窓口(社会保険の方は社会保険事務所)に提出、申請が認められれば3?4ヶ月後に自己負担分を超えて支払った金額が還付されます。

 

ただし、入院時の差額ベッド代、食事代は帝王切開であっても高額医療費制度の計算に組み入れられないのでご注意ください。

 

普通分娩の場合は出産一時金と医療費控除活用しよう

普通分娩は帝王切開と違い、「病気ではない」とみなされるため、保険が適用されません。
このため、高額医療費制度を利用することもできないのですが、自治体から支給される出産一時金(35万円)をその費用に当てることができます。

 

また、出産の際の医療費を確定申告時に税金から医療費控除することも可能です。
医療費控除は、1世帯につき年間10万円以上医療費出費があった場合に申請することができます。
市販薬や自由診療の医療費、病院への交通費が計上でき、入院時の食事代も計算に入れられます。
ただし、個人的な事情で個室を利用した際の差額ベッド代金は計算に入れられません。

 

帝王切開も普通分娩も助成を活用しよう

高額医療費制度や医療費控除の申請は、やったことがないと面倒なイメージがあると思います。
しかし、出産・育児はただでさえお金がかかるものですから、出産一時金をもらうと同時に、帝王切開の場合は高額医療費制度、普通分娩は医療費控除を申請しましょう。
お金を少しでもセーブできれば、その分子どもの将来のための貯金に回せるので、頑張りたいところですね。

Sponsord Link