高額医療費 協会けんぽ

Sponsord Link


高額医療費制度は協会けんぽ加入の方なら誰でも利用できます

高額医療費制度は、協会けんぽ加入の方であれば誰でも利用できる制度です。
健康保険が適用される医療行為(外来・入院時にかかわらず)を受けた際、支払いが健康保険の自己負担限度額以上となったら、高額医療費制度の申請をすることで超過分が還付されます。

 

協会けんぽ加入の方の場合の高額医療費制度申請方法

協会けんぽ加入の方の場合は、高額医療費制度の申請は社会保険事務所にて行います。
手続きに必要なのは、以下の書類です。

 

協会けんぽの健康保険証
医療費の領収証
印鑑
通帳

 

サラリーマンの方の場合、会社の協会けんぽ担当者が手続きを代行してくれたり、手伝ってくれることもあります。
まずは担当者の人に相談し、手続きの進め方について相談してみると良いでしょう。

 

高額医療費制度の対象となるもの

高額医療費制度の対象になるのは、あくまで健康保険が適用される医療行為です。
自然分娩の出産、審美的歯科矯正、インプラント、レーシック手術などの自由診療は該当しないのでご注意ください。
また、申請に当たっては医療費を「月別」「診療科別」「病院別」「入院・外来の別」で計算する必要があります。

 

高額医療費制度を利用するメリット

病気や怪我をするとただでさえ精神的・肉体的な負担が大きいので、それに加えて経済的な負担があると治療になかなか専念できません。
しかし、高額医療費制度を利用すると、医療費の支払いが自己負担限度額までになり、経済的な負担が軽減されます。
協会けんぽに加入している時は、ぜひ高額医療費制度の手続きをとりましょう。

 

高額医療費制度はあとから還付されるのが基本ですが、事前に社会保険事務所で手続きし、認定証をもらうことで窓口支払いの時点で自己負担限度額までの支払いとする「高額医療費制度の現物支給」という制度もあります。
詳しくは会社の協会けんぽ担当者、あるいは病院のケースワーカーの人に相談し、どちらを利用したら良いか検討してみるとよいでしょう。

Sponsord Link