高額医療費 請求

Sponsord Link


高額医療費の請求方法

高額医療費の請求方法は、いわゆる医療費控除とは異なります。
医療費控除は1世帯あたりの医療費が10万円をこえた場合に、世帯主の確定申告時に控除を申請できるという制度で、手続きは税務署にて行います。

 

高額医療費の請求は、社会保険事務所(会社の保険に加入している場合)か、あるいは国保担当窓口(国民健康保険の被保険者の場合)にて行います。

 

高額医療費補助と医療費控除はどう違う?

高額医療費はこれらの各健康保険の適用となる医療行為が対象となるので、レーシックやインプラントなどの自由診療、および交通費や薬代は対象になりません。
医療費控除の場合は上記のようなケースも対象になりますが、所得別に細かく計算する必要があり、必ずしも全額還付されるとは限りません。

 

高額医療費の請求方法

高額医療費を請求するには、「保険証」「医療費の領収書」「印鑑」「預金通帳」を持参し、各保険窓口に行きます。
国民健康保険の被保険者の場合は各自治体の国保担当窓口、会社や組合の保険に入っている場合は、所轄の社会保険事務所で手続きを取ります。
会社によっては担当部署が手続きを代行してくれることもあるので、まずは担当者に手続きについて相談してみると良いでしょう。
ちなみに、70歳以上の人は「高齢受給者証」、市民税非課税の方は「非課税証明書」も持参する必要があります。

 

手続きは申請用紙に記入し、必要書類を添えて提出することで完了します。

 

高額医療費の請求で気をつけるべき点

高額医療費は請求してから実際に還付されるまで、通常3?4ヶ月ほどの時間を必要とします。
手続きしてすぐにお金がもらえるわけではないので注意しましょう。

 

また、領収書は「月別」「診療科別」「医療機関別」「入院・通院別」で計算する必要があります。
(月をまたいでの合算はできません。)
詳しくは健康保険の窓口や病院のソーシャルワーカーなどに相談することをおすすめします。

Sponsord Link