高額医療費 還付

Sponsord Link


高額医療費の還付とはどのような制度なのか

高額医療費の還付とは、簡単に言うと自己負担分の上限を超えて支払った医療費を還付してもらえる制度です。

 

高額医療費の還付を申請するには

高額医療費の還付を申請するには、自分が加入している健康保険に応じ、社会保険事務所または国民健康保険の担当窓口に行きます。
サラリーマンの場合は会所の社会保険担当者が手続きを代行してくれる場合もありますので、まずは担当部署に相談して見ることをおすすめします。

 

また、高額医療費の還付手続きが初めてで、手続きや計算方法が全くわからない場合、病院のソーシャルワーカーに相談して見るのもよいでしょう。

 

高額医療費の還付に必要な書類

高額医療費の還付には「医療費の領収書」「健康保険証」「預金通帳」「印鑑」および各担当事務所でもらえる申請用紙が必要です。

 

高額医療費の還付までに必要な期間

通常、還付手続きから実際に振り込まれるまでには3?4ヶ月ほどかかります。

 

高額医療費の還付額を計算するには

高額医療費の還付額は、所得別に計算法が異なります。

 

上位所得者(月収56万円以上)

還付額は、自己負担分金額ー「15万円+(自己負担分金額ー50万円)×1%」で計算されます。

 

一般所得者

還付額は、自己負担分金額ー「80100円+(自己負担分金額ー267000円)×1%」で計算されます。

 

市民税免除の人

還付額は、自己負担分金額ー35400円で計算されます。

 

最近は高度医療費の還付額や上限額を、必要データを打ち込むだけで簡単に自動計算してくれるサイトもあります。
こういったサイトで、シミュレーションがてら、まずは計算してみてはいかがでしょうか。

Sponsord Link