高額医療費 補助

Sponsord Link


高額医療費の補助制度とは

大きな怪我や病気で思わぬ高額な医療費がかかってしまったときに、強い見方となるのが高額医療費の補助制度です。

 

この制度は健康保険適用の医療行為の自己負担分を給付してくれるというもので、限度額は所得に応じて3段階に分けられ、一般的な収入の場合は月80100円となっています。

 

高額医療費の補助制度を利用するためには、いったん自己負担分を医療機関に支払い、その金額を「月別」「病院別」「診療科別」「入院・通院別」に計算し、社会保険事務所(会社の保険に入っている場合)あるいは国民健康保険窓口(国民健康保険の場合)に申請することになっています。

 

申請から給付まではおよそ3?4ヶ月を要しますが、制度が変わり、入院治療の場合は高額医療費の「現物支給」を受けることができるようになりました。
これにより、加入先の健康保険窓口に「健康保険限度額適用認定証」を請求し、医療機関に提示すれば、支払いは限度額までとなり、長期間待たなくても良くなりました。

 

ただし、この場合対象となるのは、通常の高額医療費補助制度同様、保険適用内の医療行為のみです。
差額ベッド代や自由診療の治療費などは対象となりませんので注意しましょう。

 

高額医療費の補助制度は、同じ世帯で各人の自己負担分が21000円を超えた複数の医療費自己負担があり、なおかつ超えた人たちの金額を合算して80100円以上となった時にも申請可能です。

 

冒頭に書いたように、自己負担の限度額は一般所得者は80100円ですが、低所得者(市民税免除の人)の場合は35400円、高所得者の場合は150000円となっています。
(70歳以上の方には、別規定があります。)

 

ちなみに、病気が長引いて1年に4回以上限度額を超えた場合、4回目以降の自己負担はさらに減額されます。
個々のケースは社会保険庁のホームページや自治体の国保担当窓口、社会保険事務所等に問い合わせ、確認して見ることをおすすめします。

Sponsord Link